土地や建物の名義変更に絡むトラブル

遺産相続のために土地の名義変更を行っても、それがマイナスの資産になっては意味が半減します。

トラブルを含め、名義変更前の予防策について記述します。

◇故人との生前の口約束が原因でトラブルに。

名義変更そのものは単純な書類手続きですから、書式さえ間違えなければスムーズに終えられます。

事例として良くあるのは、名義変更を行うにあたって法定相続人と協議を行っていたら、意外な人が遺産の取り分について過分な要求をしてきたといった例です。

これには故人(被相続人)との生前の口約束が関係していることがよくあります。

また遺言書はないと思っていたら後から出てきたり、土地の名義変更をしようと思ったら、家族も知らなかった借金の抵当に入っていたりといったことも良くあります。

◇遺産にはプラス・マイナスの2通りがある。

遺産には、遺族(相続人)がそれを継承して今後の生活の糧にできるプラスの遺産と、それとは逆に連帯保証人になっていたために借金返済の肩代わりを負わされるマイナスの遺産の2通りがあります。

予防策としては、簡単安易に名義変更してしまうのではなく、その前にプラスとマイナスすべての資産状況を調べておくことです。

最近ではネット取引も当たり前になっていますので、家族の知らないところで株取引や証拠金取引などを行って損失を出していることも考えられます。

◇土地や建物の権利書、遺言書の有無、プラスとマイナスの遺産の洗い出し。

名義変更はそれらのチェックが終わってからでも遅くありません。

法定相続人に意義がない限り、名義変更は後回しにして、先に遺産の洗い出しを行いましょう。

それらがプラスなのかマイナスなのか、見極めることが大事です。

相殺しきれないようなマイナスが出たら、早めに策を講じましょう。